スケジュールの共有で生産性に貢献

会社や事業所では、ホワイトボードに1ヶ月間の課員の予定や行動計画や場所を記入し、1週間の開始時の朝礼などで、課員の1週間の予定を確認共有し、仕事上の報告や連絡、相談をスムースに進めます。

課員は、システム手帳などを携帯し、行動予定や仕事の管理を行います。
会社の内外での緊急時に対処するには、課員一人一人がどこに居て、何の仕事を行っているのか、部や課の単位ごとに把握する必要がありますが、実際には困難です。
仕事を行う課員一人一人がパソコンやスマートフォンを所有し、インターネット通信環境下にある場合、スケジュールの共有の仕方が変わります。

All Aboutの情報サイトへお越しください。

会社でクラウドコンピューティングサービスを利用すると、課員一人一人が端末機器(パソコンやスマートフォン)から入力した個人予定を一括管理し、課員全員のスケジュールを共有できます。



スケジュールに入力できるのは、時間や場所などですが、課員一人一人の予定や行動計画は例えば色の違いで表現されます。

スケジュール共有の機能情報は見逃せません。

また、スケジュールに入力された場所は、インターネットで地図とリンクしていますので、初めて訪問する場合でも調べる手間を省くこととなります。

プロジェクト単位やチーム単位で仕事を行う場合でも、課員が協力して仕事の進捗を共有する際にスケジュール共有の利用価値が高く、クラウドコンピューティングの他のサービス、課題(チェック)リストや電子メールを併せて活用することで、生産性に貢献できます。